【LOOK】ルックの平成流行スイーツ4食べたよ

商品レビュー

こんにちは、nAoです(・ω・)ノ

令和という元号が決まり、平成もいよいよ終わりへのカウントダウンとなりましたね
そこで平成最後に、平成を噛みしめて味わいたい気持ちになりました

…という事で、今回は

LOOK 平成流行スイーツ 

を食べてみたので、レビューしていきたいと思います!

 

 

こうやって改めて見ると、流行スイーツあんま食べてなかったな…

スポンサーリンク

不二家 LOOK 平成流行スイーツ4

平成に流行したスイーツをイメージをしたクリームをミルクチョコで包み込んだ
食べながら懐かしさを感じる事ができるチョコレートとなっているそうです

ミルクチョコの中に、思い出が詰まっている…

ティラミス、クレームブリュレ、マンゴープリン、生キャラメルの
平成流行スイーツ4です アイドルのグループ名みたいですね

 

栄養成分(1箱  44.7g当たり)

エネルギー  267kcal
たんぱく質  2.7g
脂質  18.6g
炭水化物  22.2g
食塩相当量  0.07g
開封しました

ルックの箱の内側には何かがある

ちゃんと説明が書かれている安心設計です

こうやって並べて食べれば、完璧に平成スイーツを楽しむことができます

 

スポンサーリンク

さぁ、平成を味わいましょう

書かれている説明文とともに想像し、味わっていきます

(平成2年頃)ティラミス

イタリア生まれのデザート バブル期に大ブーム!

バブルという日本の景気の良さに気付いたとあるイタリア人パティシエが、多くの人達で
騒ぎ、賑わうディスコ会場にティラミスを投げ込んだんですかね…
そして一気にティラミスウェーブが起き…やるな、イタリア人…

おぉ!これはすごい再現力!
コーヒーのほろ苦さ、マスカルポーネのクリーミーさが詰まっている!

ちょっとチロルチョコのコーヒーヌガーっぽい味にも感じた

(平成3年頃) クレームブリュレ

イタメシブームに負けじと登場した、フランスのデザート

すっかりティラミスに染まりあがった日本、しかしその中にも悩みがあった
それは…コーヒーが苦手でティラミスを心から楽しめないという人々がいたという事
それに気づいた1人のフランス人パティシエが立ち上がり、彼らの心に光を与えた…
ありがとう…フランス人…

この再現力、プチ感動

カラメルの香ばしさ、まったり甘いカスタード
そしてカリッとしたカラメルの食感…アメリのクレームブリュレだ!

(平成17年頃) マンゴープリン

マンゴーが大人気!マンゴー入りの製品が各種発売されました

すっかりスイーツなどという洋風に染まり切った日本だったが、
某宮崎県都知事さんの頑張りによりマンゴー人気に火が付き、国民の視線は再び祖国、日本へ!
皆がマンゴーを取り合い、マンゴーが宙を舞った時代であった…
さすが大和魂!熱いぜ!

 

フルーティなマンゴーがほんのりと香り、鼻を抜ける~

甘くてフレッシュで、味もリフレッシュ!
これもなかなかの再現度です

 

(平成18年頃) 生キャラメル

主原料に生クリームを大量に用いた新ジャンルのキャラメル

南のマンゴーに負けじと、北の大地から強者が立ち上がった…
その名は、生食感の先駆者、花畑牧場…彼らの作った生キャラメルは、
キャラメルに限らず、生食パンなど、生食感ブームを日本全国へと広める事となる
歴史は、北の国から、また動き出した…

トロッと生キャラメル出てきました!

甘すぎず、香ばしいキャラメル感とほんのり感じる塩っぽさが良い具合
まんま生キャラメルが入ったミルクチョコですね、美味いからこれはこれで良い

 

小さな平成を楽しめました

なかなか脱線しましたが、平成のあれこれを思いながら楽しむことができました(´ω`*)

楽しくも、苦しくも、嬉しくも、辛くも、色々とあった平成…

終わってしまうのは寂しいけど、新しい時代が始まるという歴史的瞬間を目にする
未知の感覚にまた心が躍りますね!

残り少ない平成を思う存分楽しんで、改めて心機一転で令和を迎えたいものです

商品レビュー
スポンサーリンク
nAoをフォローする
日々空色時々桃色log